神秘的な女の子が風俗に。

神秘的な女の子が風俗に。

投稿日:2014年11月1日 カテゴリ:変態野郎の風俗体験談

この前の夜、僕は一人で街中を歩いていました。すると何やら股間を満たしてくれる風俗店の看板がぼんやりとあるじゃありませんか。気になった僕は早速その店に入ってみる・・・。中は静かな空間となっており、ボーイさんがカウンターに立っている状態。そこで、気になる女の子を指名するとボーイの方が「OOちゃんもおすすめですよ」と言うので、そちらに変更してもらって、その子を指名。相手の女の子は神秘的な雰囲気を持っていて、どこか儚い妖精のような雰囲気。しかし、シャワーに入ってみると、ダイナマイトボディがあらわに・・・。思わず飛びついて楽しんでしまいました。ベッドでは、白い肌がキラキラと輝いていて、ねっとり素股をしてくれました。股間が彼女の股間によって摩擦され、なんとも言えない快感が迫ってくる。「イきそう」と言うと、すぐさまフェラにチェンジしてくれて、そのまま口で受け止めてくれました。衝動で入った風俗店ですが、意外に大当たりだったので、これからも使えそうです。